建築士制度の具体的な見直し(改悪)に反対します

まだ検討段階とはいえ、建築士制度の具体的な見直し案が発表されました。
耐震偽装防止、全1級建築士に試験…不合格者は降格 ↓

1級建築士に新たな試験実施 国交省見直し案↓

1級建築士は2級に格下げも 国交省が制度見直し↓

もし、上記のような見直しがなされ、本当に建築士が淘汰され、収入面でも安定するような事があればよいとは思います。
でも、実際は「新たな試験」を行ったとしても、そんなに簡単には落とせないでしょう。
若い人ならいいですが、「いまさら試験勉強なんて」と思う世代には厳しいはずです。
国家資格の根底を揺るがす大問題です。
ところで、建築士会はただ指をくわえて見ているだけなのでしょうか。
国会議員を輩出できない業界団体の限界か?。

ちなみに、真偽のほどは確かでは有りませんが、とある県の構造設計の再計算を行う部署では二級建築士もかりだされている様子ですが、お役所仕事の場合は資格の有無は問題が無い様で。
大規模な建物を設計するには資格が必要で、チェックする側はどうでもよいのか?
この国の建築は、かなりおかしな方向へ向かっているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

諏訪湖で泳ごう!