火災報知機設置義務の疑問

今月より、消防法や条例などにより、すべての住宅に火災報知機の設置が義務付けられました。
その設置場所とは、簡単に言えば、就寝に使用する部屋と、そこへ行くまでの階段です。
意外なことに台所は義務付けがありません。
ふつう、二階建ての場合、寝室を二階にもってくる事が多いですが、下階から出荷した場合、その部屋の火災報知機が作動したときは既に手遅れなのではないでしょうか。
台所の出火を知らせる報知器が寝室にあるなら話はわかりますが、それでも避難経路が遮断される可能性は残ります。
こんな事を規制するより、2階ベランダに非常はしごを設置する事を義務付けるほうがよっぽど効果があると感じるのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。