長野県知事交代

昨日の県知事選挙で、現職の田中康夫氏を破り、村井仁氏が初当選しました。その村井氏、前知事が県庁1階の入り口近くに設けたガラス張りの知事室は使用しないとのことです。と言うことは、また県庁では工事を行うのでしょうか・・・。
また、今年度から県庁内の組織の名称を、部や課、係から「チーム」「ユニット」に変わったばかりなのに、(決して良いとは思わないが)それをまた部や課に戻すらしい。
「信州まつもと空港」も「松本空港」に戻っちゃうんだろうな。

個人的には田中氏に投票しました。支持している訳ではありませんが、「脱ダム宣言」に始まる改革を評価していたからです。下諏訪の砥川上流にはダムの計画が中止になりました。昔の砥川は氾濫があったようですが、先月の豪雨では大丈夫でした。
また、諏訪合同庁舎など県の施設の全面禁煙になったことは非喫煙の利用者としては嬉しい限りです。一時「分煙室」を作ったのですが、これは無駄な施設となっています。はじめから禁煙なら無駄な出費も無かったでしょう。
さて、新しい知事は高齢ですが、新しいことをやってくれるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

蓮の花