また、職人が減る

春だからと言うわけでは無いのですが、スーツを新調することにしました。

私は着るものに無頓着ですが、家人のすすめで、成人以降スーツはすべて、いわゆるテーラーで仕立てていただいています。

実はその紳士服店が閉店することになってしまったのです。

 

 

 

紳士服業界も大手が幅を利かせていて、安いスーツがあふれていますが、それは外国の安い労働力のおかげで成り立っているだけです。

モノ作りというのは日本のお家芸だったはずですが、この業界でも職人が減ってきているそうです。

ここのご主人も後を引き継ぐ人もなく、引退されてしまうとのこと。

寂しい話です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

スーツを新調