友人の訃報

建築士の仲間の一人が亡くなりました。私より少し先輩ですが、まだまだ若く、公私共に非常に仲良くさせていただいた方なので、残念というより、悔しくてなりません。
でも、我々の仕事は後に残るものでもあります。
彼とは、ある山小屋のトイレ棟を一緒に建てた思い出があります。一週間ほど山に篭りながら、いつもとは違う新鮮な環境で仕事が出来た事を昨日の事のように思い出します。
先日、再び行こうと約束しましたが叶わぬまま逝ってしまいました。
今年はその山へ登ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

畑作業開始

次の記事

専門学校の講義