公共工事のお手伝い

DSC05106.jpg
十数年ぶりに鉄筋コンクリート造の建物のお手伝いに行ってきました。
保育園の新築工事です。

こういった工事は完全に分業制になっていて、今回のお手伝いも石膏ボード貼りだけでしたが、他の職種の作業も見ることが出来ました。
特にGL工法を行う通称「GL屋さん」は、木造の現場では会う機会がまず無いので、興味深く拝見しました。
設計・施工とも、地元の業者が行っているせいか、ゼネコンの現場でありがちなピリピリ感も無く、短い期間ではありましたが、楽しく作業させていただきました。
今後の仕事にも生かせそうな所も発見でき、有意義でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

温泉施設のリフォーム

次の記事

霞ケ関出版社 廃業