門前ひろば食祭館で食事

DSC02903.jpg
2010年3月1日に新しくオープンした、下諏訪の新しい観光施設、門前ひろば食祭館へ出掛けてきました。
外部には足湯があり、建物内部は食事処とお土産屋があります。

食祭館と銘打っているからには、どんなメニューがあるのか、少しだけ期待していったのですが、主なものは、
信州サーモン漬け丼   1000円
信州ポーク味噌焼き丼  1000円
うなぎまぶし膳       1600円
三色ミニどんぶり膳    1200円
信州味噌酒粕ラーメン 760円
など。観光地価格です。
私は、信州ポーク味噌焼き丼を頼みましたが、豚肉の味はそこそこですが、味噌焼きということで飯にタレが染み込むわけでなく、また、量が少なく残念な食事でした。
また、蕎麦関連のメニューはありません。付近の蕎麦店に気を遣っているのでしょうか。
おまけに言えば、ワカサギなどの川魚関連もないです。
信州黄金シャモなんかも出して欲しいですね。
また、入店後に店員さんからまず勧められるのは、サラダバーやドリンクプラスというのは客単価アップを目指すマニュアル通りなんでしょうが、寂しいです。
駐車場は、敷地内に10台と、有料の町営四ツ角駐車場(徒歩1分)町営友之町駐車場(徒歩3分)
が使え、食祭館を利用すれば駐車無料です。
でも、レシート見せれば無料になるとかではなく、はじめに駐車場のオジサンに「食祭館へ行く」と言えば無料になる、ということらしい。結構アバウト。
基本的には団体客向けなんでしょうかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

石膏ボード貼り

次の記事

落雪防止