悪徳リフォームの実例

床暖房を設置予定のため、思い切って床は全面的に造りかえる事にしました。
床板を剥がしていくと妙なモノが・・・
その存在については、お施主様より事前に伺っていたのですが。

DSC02470.jpg
数年前、とある業者が床下に潜り込み、
「このままでは床が大変な事になる」的な事を言い、「補強」をしたのだそうです。
それが、コレ。
ただのプラ束です。オマケに束石はブロック。
この様な似非補強が二ヶ所ありました。
と、いうか、潜って作業できるところがそこだけだった、と言うべきでしょうか。
この工事で数万円掛かったそうです。
普段見えない所をいいことに、こんな事をする悪徳業者には必ずや天誅が下る事でしょう。
ちなみに、土台まわりに腐食は無く、周りの土も乾燥しており、建物には大変良い状態でした。
根太は寸法が小さいので撤去しましたが、大引は既存を利用しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

壁を造る

次の記事

壁を増やす