下諏訪倉庫の「繭倉」取り壊しへ

下諏訪町矢木西の下諏訪倉庫所有の繭倉4棟が今年秋までに取り壊されることになってしまいました。

この倉庫群と事務所のの建築年代は、木造5階建ての2棟が同社創設と同年の1900(明治33)年で100年超。ほかの木造4階建ての2棟は11(同44)年。洋館風の事務所は32(昭和7)年。
取り壊しの計画は以前からありましたが、保存活用の検討もされていたようで、無期延期となっていました。
下諏訪倉庫の三井社長はまちづくりに大変関心のある方で、ご本人も苦渋の決断だと思います。事実、建物のなかには補修を必要とする箇所も多くあり、危険な面も多々あり、たとえ建築としては趣のある建物であっても、維持管理が大変な事は容易に想像がつきます。
残念な事ではありますが、仕方がありません。
事務所となりの繭倉は1階を下諏訪倉庫蚕糸資料館として公開しています。見学には申し込みが必要ですが、ぜひ見学される事をお勧めします。

長野日報記事
諏訪の製糸業の遺産「繭倉」今秋取り壊し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。