【最新】さくらのサーバでMySQL5.7へアップグレードする方法

データベースをMySQL5.5からMySQL5.7にアップグレードしました。

さくらインターネットのレンタルサーバーでは、「データベースアップグレード機能」というものができて、これは、指定した日時に対象のデータベースを現在提供中のバージョンへコピーしてくれるというもの。私は夜中に設定しておきました。
MySQL5.7が出た当初は、自分でphpMyAdminにアクセスしてデータを移動しなければならなかったようなので、すごい進化です。

ただ後述の、ウェブアプリケーションの設定変更は自分でやらないといけません。
WordPressやEC-CUBE V4、concrete5などですが、これらは公式サイトで設定ファイルの書き換え方が説明されています。

MySQL5.5からMySQL5.7へのアップグレード https://help.sakura.ad.jp/360000338402189/?_ga=2.182164194.411538784.1585826499-1750942354.1583659709#03

さくらのレンタルサーバー

アップグレード失敗したか!?

上記サポートによると「こちらのホスト名をメモして下さい」と以下の通り記述がありますが結果的に、この通りやってもアップグレードできませんでした。

アップグレード後のデータベースを確認し、データベースのホスト名が2つ表示されているので、アカウントが記載されているホスト名をメモ帳などに控えて下さい。

さくらのレンタルサーバー

mysql(数字).db.sakura.ne.jpのホスト名は、メンテナンスや障害情報に掲載されるホスト名です。

さくらのレンタルサーバー

例:mysql57.example.sakura.ne.jp の場合
/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘mysql57.example.sakura.ne.jp‘);

さくらのレンタルサーバー

と、なっていますが、当方の環境ではデーターベースに接続できないエラーが返ってきました。(念のため、データーベース名、パスワードも確認しました。)

正しいMySQL のホスト名を設定する

これまでのように「db」を記述すると、接続できました。(○○は数字)

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘mysql○○.db.sakura.ne.jp‘);

そうです、公式サイトで、
「※mysql(数字).db.sakura.ne.jpのホスト名は、メンテナンスや障害情報に掲載されるホスト名です。」
と記述してあった部分です。
公式サイトにある下記画像の通りですね↓

Movable Typeの場合

Movable Typeも同様で、環境設定ファイル mt-config.cgi のデータベース接続先にかかわる内容を書き換えます。私はMovable Type3をインストールして使っていたので、環境設定ファイルの存在を知っていましたが、クイックインストールしか経験が無いと、このような事は分かりませんね・・・。

DBUser @@@@@
DBPassword @@@@@
DBHost mysql@@@.db.sakura.ne.jp

以前は、さくらインターネットのレンタルサーバーでも、Movable Typeのクイックインストールが出来たのですが(MT6だったような?)今は出来ないので公式サポートにも記述がありません。

参考

当初は、あまり意味が分かっておらず、データベースをアップグレードした時点でウェブサイトにアクセス出来ないのか?と思っていましたが、MySQL5.5のデータベースも残っているので、アプリケーションの設定ファイルを書き換えるまで、現状のサイトはそのまま表示できるんですね。

それにしても、さくらの「データベースアップグレード機能」が無ければ、非常に面倒くさそうな作業でした・・・

さくらのサーバでMySQLデータベースバージョンアップ移行したのでやり方を細かく備忘録 | REACH_rh.com https://reach-rh.com/sakura-saver-data-base-ikou/

さくらサーバでMySQL5.5をMySQL5.7にバージョンアップ https://noritacraving.com/mysql5-5-version-upgrade

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です