ハイゼットトラックのバッテリーカバーを使いやすく小改造【軽トラ】

ハイゼットトラック取扱説明書 バッテリーカバークリップの外し方
バッテリーカバー用プッシュピン

軽トラックである、ハイゼットトラックS510Pのバッテリーカバーは2本の樹脂製のプッシュピン(クリップ)で固定されており、マイナスドライバーなどで外します(クリップリムーバーのほうが良い)。
この方式だと、バッテリー上がりの救援をする時などの緊急事態にに簡単に外れないので、非常に不便です。
また、このピンが破損しやすい(というより1つ壊した)ので、ボルト(ネジ)式に改造しました。

インプルナット取付け説明書

雌ねじは、「ターンナット」は繰り返し使用に不向きな感じなので、「インプルナット」にしました。ねじ経はM5

インプルナットを取付けたところ 車両前方側
インプルナットを取付けたところ 車両後方側

車両側の孔は8mm角程度です。取付け説明書によるとM5インプルナットはΦ9mm孔用との事なので、45度傾けて差し込み、ギリギリ入りました。

ハイゼットトラックS510Pのバッテリーカバー改造後

両側を2本の蝶ボルトで固定して完成。
振動で緩みにくいよう、スプリングワッシャーを挟んでいます。たまに緩みをチェックするのは必須ですね。
これで使いやすくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です