ラジオ番組「 今朝の三枚おろし 」の衝撃的な事実

文化放送平日午前のミニ番組、「武田鉄矢・ 今朝の三枚おろし 」で、衝撃的な事実(当社比)が明らかとなった。

今朝の三枚おろし

『武田鉄矢 今朝の三枚おろし』(たけだてつや けさの さんまいおろし)は、文化放送が制作し、NRN系列の全国AMラジオ32局ネットで、平日の朝に10分間放送している企画ネット番組である。1994年放送開始[1]

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

月曜日~金曜日 7:40~ 語りの名人、武田鉄矢が貴方の耳を捉えます。 大きなネタから小さなネタまで、鉄矢流ネタ捌きのエンタティンメント。 どうぞご賞味下さい。 毎回“なーるほど”“うまい!!!”の味が隠れています。 鉄矢さんのお相手は、水谷加奈(文化放送アナウンサー)

武田鉄矢・今朝の三枚おろし|文化放送 http://www.joqr.co.jp/sanmai_takeda/

番組テーマ曲 「BAY SIDE STREET(ベイ・サイド・ストリート)」(MALTA/マルタ)
2005年発売のアルバム<COLEZO!> 7曲目

今朝の三枚おろし 番組名物「包丁でまな板を叩く音」

この番組ではトークの〆に「トン・トン・トン!」と小気味よく、まな板に包丁を当てる音がするのですが、なんとこれ、武田氏が自分で叩いているのでありました!
(既にご存じの方も居るようです)

2020年5月28日の放送最後に「今、まな板を叩きますけれど、もうお気づきの方も多かろうと思いますが、むやみに音がようございましてね、(座席の)前にアクリル板がございまして、それで響くもんでございますからね。叩きますよ!(トン・トン・トン!)」

同6月8日の放送でも、「死骸だらけの文化放送で、(番組内での想像です)たった一人でオレが三枚おろしやりながら、『この続きはまた~』って言いながら包丁を叩き続ける、っていう(トン・トン・トン!)」
(この後、包丁を落とす音に(笑))

以上の内容は文化放送のポッドキャストで確認出来ます。http://www.joqr.co.jp/takeda_pod/

「ポン出し」では無かった・・・!

この番組は収録なので、てっきり、収録後に効果音として被せているか、音声スタッフの「ポン出し」だとばかり思っていたのです。だって、毎回テンポが変わらないんですよ? さすがフォークグループ海援隊を率いているだけの事はあります・・・!
タイミングが絶妙なのは、自分で叩いてからこそ、なんですね。納得しました。

ポン出しとは、番組や舞台の演出にあわせて効果音などの音源を再生させることです。

TASCAM (日本) https://tascam.com/jp/

ポン出し=番組放送や舞台・演劇、イベント時において音声や効果音、音楽などを手動で加えること通販TV番組とかで明らかに観客がいないのに「ワーッハハハ!!」といった笑い声や「パチパチパチパチ!!」という拍手など、様々な音声が流れてきたり、
舞台演劇等で人の動き、例えば時代劇系の舞台演目での殺陣の時に「キンッ!キン!」「シャキン!!」「ズバッ!!」といったような刀と刀がぶつかり合ったり、人が切られるような効果音がタイミングよく流れたり…
あれって実は自動で流れてるわけじゃなく、音楽・音響担当の人が流れを見て手動で流してるんです!

島村楽器 https://www.shimamura.co.jp/shop/nagoya/pa-rec/20200312/10487

ポン出し(サンプラー)には色々な音が入っていて、それは副調整室でスタッフが押す事が多いのですが、今回はスタジオの内でパーソナリティがポンポン押しているモノが沢山あります。

TBSラジオ https://www.tbsradio.jp/23540

奇しくも、コロナウイルス感染症対策による影響はラジオ業界にも波及しており、出演者の周辺をアクリル板で囲うなどの対策をしているさなか、こういったことが表に出るようになったのは興味深い。
コロナウイルスによって、明らかになったものの1つである(個人的に)

既に知っていたTwitterの皆さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です