【購入しました】パナソニックラジオRF-300BT-K

パナソニックの、2020年08月に発売された新ラジオ、RF-300BT-Kを買いました。
主な特徴は三つ。

  • 10 cm大型スピーカーと「音質切替」機能で聴き取りやすい。
  • Bluetooth®対応で、スマートフォンのインターネットラジオや音楽が楽しめる。
  • 防滴仕様※2やUSB充電※3など、多彩なラジオ機能を搭載。

※2 乾電池駆動時のみ防滴対応。ACアダプター駆動時、スマートフォン充電時、インサイドホン端子使用時は防滴仕様ではありません。
※3 本機を電池で使用する場合は充電不可。

購入の決め手

このなかで購入に至った決め手は、Bluetoothスピーカーとしての機能です(ラジオじゃ無いんかい・・・)。主に、パソコンの外部スピーカーとして利用しています。サウンドバーも検討しましたが、ステレオで無くても良く、かといって充電式のモバイルスピーカーは充電池の劣化で使えなくなるとそれまでなので、AC電源は必須でした。ラジオなんておまけです。本当はこのラジオでAMが聴きたいんですが、パソコンの近くに設置するせいか雑音が入ってしまいます・・・

でも窓際に移せばしっかり受信してくれます。上部ボタンによる一発選局は気持ちの良いものです。

大きすぎるACアダプター

最大の欠点は、ACアダプターが大きすぎる事。電源部を内蔵するのは、音質に直結するのでしょうか?とにかく大きい、大きすぎる・・・
据え置き式のラジオでも、さすがにこの大きさのACアダプターは無いだろう。 
メーカーサイトでもラジオ本体の写真以外に、ACアダプターの大きさも分かるようにしてほしいものです。

ちなみに電池は単2を4本必要とします。USB端子があり、スマートフォンなどの外部機器に給電できます。

タイマー機能は必要か?

このモデルには時計が付いており、タイマー機能があります。キッチンタイマー、スリープ(おやすみタイマー)、アラーム(おめざめタイマー)の3つです。

このタイマーが使いにくい。「タイマー」ボタンを押してメニューを呼び出し、画面を見ながらそのたびに切り替えなければならないのだが、あろう事か、この3種の他に時刻設定もメニューに入り込んでしまっているので、現在時刻をうっかりずらしてしまう事もあり得る。
そもそも、マニュアルを見ないと使えないような機能は、使わないかな・・・。

まだAmazonでは取り扱いが無いようです・・・

【購入しました】パナソニックラジオRF-300BT-K” に対して3件のコメントがあります。

  1. 通りすがりのラジオ好き より:

    このラジオ、現在国内メーカーから販売されている機種の中でも1,2を争う高感度で気に入っています。

    またアマゾンですが9月上旬には在庫があり、私はアマゾンから購入しました。でも在庫がはけてから2カ月、まだ再入荷していないようですね。

    1. sososha より:

      発売直後はAmazonにもあったんですね・・・

      1. 通りすがりのラジオ好き より:

        アマゾンは一気に売れてしまった様ですね。
        ヤフーのPayPayモールとか、量販店のウェブショップでは在庫があるようです。

        またACアダプターの件、私も手元に来たときにはサイズが大きくてビックリしましたが、ノイズが出ないようトランス式なので重いのは仕方ないですね。
        大きいのは、このラジオが電気食いだからだと思います。このラジオで単2で使うと動作24時間(カタログスペック)、例えばソニーの同程度のクラスのICF-M780Nで単2で100時間です。音質切替から推測するに、このラジオはDSPで、かなり音質を調整しているのでは無いかと思っています。
        またUSB端子から充電電流を流すことも想定されているので、アダプターが大きいのは致し方ないですね。

        前面を見るとシンプルなデザインでかっこいいですが、メニューを触る必要がある場合は上面を見ながらでないとどのボタンが何かなんて覚えきれません。このラジオはテーブルトップ等、操作する人が上から見やすいところに置くラジオで、床屋みたいなところで棚の上に置くラジオでは無さそうです(きょうび床屋でもラジオよりテレビかもですが)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です