約100年ぶりに現れた骨組み

下諏訪で、古民家のリフォームをしています。天井を解体しました。
棟束に御幣はあったけど、文字は書かれておらず、紙垂も既にありませんでした。
残念・・・
更に解体を進めます。

画像に見える照明器具の配線は上部の箱と繋がっていて、その箱はなんと「ペンダントライト昇降装置」でした!

ペンダントライト昇降装置
ペンダントライト昇降装置

建物の価値を上げる”バリューアップリフォーム”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

リフォーム、再び。

次の記事

足場幕の設置