平成17年度の下諏訪町耐震診断が終わりました

すまいの安全「とうかい」防止対策事業による耐震診断で、私の担当だった下諏訪町内のお宅がすべて終了しました。
報告書が役場経由で4月中には届けられるはずです。ご協力ありがとうございました。
耐震診断を依頼される方は防災意識が高く、大変感心いたしました。

ただ、この事業自体には、個人的に思うところが多々あります。
○診断の依頼があってから実際に診断に行くまで時間が掛かりすぎる。
○耐震改修に掛かる補助金が少ない。上限60万円。
○市町村によっては予算枠が決まっており、上限の60万円をもらえない所もある。
○近年、耐震補強の方法はいろいろ増えたが、補助金が下りない補強方法がある。選択肢は多いほうが良いのに。
○数年にわたる事業なのに、県や市町村の担当者が移動になってしまうと話が通じにくい。
○我々、調査をする側には報酬があるのだが、専門家を使って行う事業なのに、はっきり言って少ないです・・・

https://www.sososha.jp/reform/earthquake-proof/post_23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

見習いたい対応の良さ

次の記事

役所の人事異動