長野県長和町「りんどうの郷別荘地」で修理ご依頼。
一年中、雨風に晒されている、ウッドデッキは消耗品です。
特に別荘地は落ち葉や雪が積もりっぱなしになるため、過酷な環境のため、痛みも激しいです。

今回は、痛んでいた部分のみ、桧(ヒノキ)材で貼り替えました。
もとの部材は米松(ベイマツ)と思われます。屋根の無いベイマツのウッドデッキは、塗装をしたとしても、圧倒的に寿命が短い感じがします。部材の大きさは部位にもよりますが、上記の手すり部分は芯まで腐っていました。

予算に合わせた補修を行っていますが、全デッキ材貼り替えや、全体的な再塗装も可能ですが、骨組みまで痛んでいるようなら、全面的に造り替えた方が後悔はないでしょう。

建築士が、長持ちするウッドデッキを作製しています。
使用材料は、その時々の材料価格、問屋在庫等により、最適なもので決定しています。
耐候性に優れた材料は、金額的にも高くなりますが、長持ちする事を考えると実はお買い得なのです。

※ウッドデッキはすべてオーダーメードです。建物に合わせてお好みの大きさで製作します。
※天然素材ですので、経年劣化により反り、割れ、色落ち等が生じます。
※スリッパ、靴等を履いてご利用ください。

別荘地工事の注意点

近年、別荘地での工事は平日9時から17時までしか行えないことが多く、大型連休や夏場などの期間は工事不能という事も増えました。また外部工事は天候に左右されます。一般地域より天候急変の可能性も多いので、作業が中断する事もあります。

これらを念頭に、晩秋から冬場にかけてなど別荘をお使いになるシーズンに入る前までに、相談して下さい。

建物相談や見積り依頼は、お気軽に

どんな工事でも必ず現地下見をさせて頂いた上で、お見積もりをいたします。

見積り提示後、金額が折り合わずにお断りの場合でも、ご遠慮なくお申し付け下さい。その場合でも、後からしつこい訪問セールス等は致しません。

打ち合わせから工事計画、設計・図面化し、工事まで1人で担当しています。

長野県 下諏訪町 蒼々舎(そうそうしゃ)