shiho-kama蒼々舎のロゴマークは、木造建築における伝統的な継ぎ手のひとつ「四方鎌」(しほう・かま)を参考にしました。

もっとも、この四方鎌は特殊な部類で、「鎌継ぎ」の変形です。
実際には柱などを「継ぎ足す」時に使うわけですが、短い分をただ継いだだけでは面白くありません。実際にどう組み合わさっているのかわからないように大工が知恵を絞って考えたものです。
いにしえより伝わる職人の業を、この先も伝えつづけていきたいとの思いを込めました。

どんな感じで接合されているのかは、事務所に来ていただいた方にお教えしています!

建物相談や見積り依頼は、お気軽に

どんな工事でも必ず現地下見をさせて頂いた上で、お見積もりをいたします。

見積り提示後、金額が折り合わずにお断りの場合でも、ご遠慮なくお申し付け下さい。
その場合でも、後からしつこい訪問セールス等は致しませんので(したくても人員が居ません・・・)

お気軽にお申し付け下さい。