お仕事で、石埜さんと言う方とお知り合いになりました。今年米寿との事ですから、人生の大先輩です。話が弾むうち、一冊の本を頂きました。それが、ご自分で執筆したという山里の四季をうたうです。発売は2006年1月20日。

石埜さんは1937年当時、富士見町本郷小学校の代用教員として赴任され、その時の事が、子供たちの詩と共に記されています。
当時の諏訪湖の記述もあり、現在しか知らない私にとって、とても興味深い内容でした。
当時の本郷小学校の写真もありますが、これが私が卒業した小学校と似た雰囲気で懐かしくなりました。