辰野町教委教育次長補佐が施設使用料350万円を横領し、懲戒免職となった模様。
でもしかし、全額弁済されたとのことで刑事告訴はしないわ、名前は出ないわ。

以下、信濃毎日新聞[信毎web] より引用
辰野町教委教育次長補佐、施設使用料350万円を横領
8月10日(火)
 上伊那郡辰野町は9日、町教委の男性教育次長補佐(56)が今年5月まで1年間、町内体育施設などの使用料計約350万円を横領していた、と発表した。町は7月30日付で懲戒免職処分とした。被害額は全額弁済されており、刑事告訴はしない方針。
 町によると、元補佐は、多目的施設「たつのパークセンターふれあい」受付で徴収した同施設や町内体育施設の使用料を町会計室に届けず、計38回にわたり着服した。
会計室に届けるのは別の職員の役目だが、元補佐が代わりを申し出ていたという。


長野日報2010-8-10
辰野町職員が施設使用料347万円横領 懲戒免職に
辰野町は9日、町教育委員会の課長補佐級男性職員(56)が体育施設やパークセンターふれあいの使用料約347万円を横領したと発表した。町は男性職員を7月30日付で懲戒免職処分とし、矢ヶ崎克彦町長と林龍太郎副町長、古村仁士教育長の給与をそれぞれ10%2カ月減給、教育次長の給与を10%3カ月減給、総務課長を訓諭処分とした。男性職員について、矢ヶ崎町長は「全額被害弁償し、事実を認め反省している」などとして刑事告訴はしない。
 町によると、男性職員は昨年5月から計38回にわたって施設利用者から徴収した使用料を横領。まちづくり政策課が前年度までの使用料入金額と比較して少ないことを指摘し、町が調べたところ金銭出納帳と入金額が一致しないことが分かり、男性職員が横領を認めた。
 施設使用の申し込みと利用料徴収は、町開発公社の解散を決めた昨年4月以降、町教委が担当。受付窓口をパークセンターふれあいに置き、常駐の町臨時職員が申請書と使用料を受け、町教委の体育施設担当者に不定期に現金のみ渡すのが慣例となっていた。 
男性職員は業務で同センターを訪れたついでに現金を預かり、町教委担当者に届けず横領する手口を繰り返していた。横領した現金は保証人となっていた知人の借金の返済に充てていたという。
 これまで受付時の使用申請書と入金額の照会は年1回、5月の出納閉鎖時だけだったという。町教委は「公社が扱っていた時は銀行が集金業務をしていたが、移管後は現金の入金、チェックの体制整備が不十分だった」としている。
 矢ヶ崎町長は「町民の皆様に大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げる。今後は公金管理のより厳しいチェック体制をとり、職員の倫理観向上にも努める」と陳謝した。
 町は9月定例議会に特別職の給与に関する条例の一部改正案を上程し、議決を得て同月から処分を適用する。


毎日jp(毎日新聞)
横領:辰野町職員が38件346万円 懲戒免職 /長野
 辰野町は9日、町体育施設などの使用料計346万9520円を横領したとして、町教育委員会教育次長補佐の男性職員(56)を7月30日付で懲戒免職にしたと発表した。
09年5月~10年5月に計38件の横領を繰り返し、借金返済に充てたという。出納帳と入金額の不一致から発覚した。元職員は全額弁償済みで、町は刑事告訴しない方針。
また町長、副町長、教育長を減給10%(2カ月)の処分とする方向で、教育次長らも減給などの処分とした。
 5月初旬、施設の使用料収入が前年より少ないと庁内で指摘があり、出納帳の記載と実際の入金額も一致しないため町が調査。同月下旬に元補佐が横領を認めた。
町の調査に「知人の借金の保証人になり、返済に困っていた。返すつもりだった」などと話したという。
 役場で記者会見した矢ケ崎克彦町長は「深くおわびします」と陳謝。
監督責任を問い、町長、副町長、教育長を減給10%(2カ月)、教育次長を減給10%(3カ月)、総務課長を訓諭処分とした。弁護士による「倫理研修」を行い、再発防止に努めるとした。


SBCニュース
上伊那郡辰野町の教育委員会の職員が町の体育施設などの使用料およそ350万円を横領していたことがわかり、辰野町は職員を懲戒免職にしました。
先月30日付で懲戒免職となったのは教育委員会の56歳の次長補佐です。
辰野町によりますと町内の体育館などの使用料は全ていったん、多目的施設の「たつのパークセンターふれあい」に集められ、担当者が役場の会計室に届けることになっています。
しかし、元補佐は現金を運ぶ役を申し出て去年5月から今年5月の間に役場に現金を運ぶ途中、38回に渡っておよそ350万円を抜き取っていたということです。
町内の体育施設の1年間の使用料はおよそ700万円だということです。
町では5月に会計室から「施設の使用料収入が少ない」と指摘があり、調べた結果、横領が発覚しました。
元補佐は「借金の保証人になり、返済に困っていた」と話しているということです。
町では、全額が返済されていることなどから刑事告訴はしない方針です。