先日まで長野日報社で、諏訪湖浄化促進のためのアイデア・提案を募集していました。
私も以前から考えているものがありましたが、応募はやめておきました・・・
あまりにも素人考えな感じがするので。

私の案は
「諏訪湖の水を肥料に農作物を育てる」
というものだから。
こんな事、少なくとも農協がやるわけないし、ほとんどの農家の皆さんは農協にお世話になっているはずなので、だれもやりたがらないでしょう。
でも諏訪湖は富栄養化、栄養に富んでいるのだから、肥料の代わりにならなのかな?
ええ、素人考え丸出しです。私は農家でもないですし。
それに、水利の問題もあるでしょうね、きっと。
諏訪湖の水を勝手にくみ上げたらマズイのでしょう。
それに、くみ上げる手間も大変そうです。
でも興味有るなぁ・・・(´・ω・`)
実は私の知人で、諏訪湖の水を天竜川でくみ上げ水から肥料分を取り出してみたら?なんていう方がいるのですが、やっぱり水利の問題が有るらしいので現実的でないという話を聞いたことが有ります。それを聞いたとき、似たような考えの人がいて嬉しかったのを覚えています。
諏訪一円は、下水道普及率が100パーセントに近いのになかなかきれいになりません。
長野日報の不定期記事、「ミジンコ先生の諏訪湖学」(名称うろ覚え)が面白くて毎回期待しているのですが、その記事中、諏訪湖は深いので綺麗にになりにくい(入った水が出るのに時間が掛かる)と言うのもありましたから、人間生活だけの問題でもないようですが、私は肥料が流れ込むのも一因だと思っています。