DSC01629.jpg

ようやく「たたみのいえ」が完成し、引渡を終えました。

内外装の主な木部は秋田杉です。長野県では「県産材を使え」と言いますが、真っ向から否定しているようです・・・

こういう場合、県産材で多いのはカラマツだと思いますが、いろいろ理由があって、私は使いたくないのです。

また、長野県には県産材利用者には補助金がありますが、結構な量を使わないともらえないし、手続きも面倒です。どうせなら国産材利用時にも補助金があったって良いと思います。その補助もユーザーに出すのではなく、材木そのものにしても良さそうなんですが。

2階部分の外装はガルバリウム鋼板サイディング。窯業系のサイディングは使わない主義です。