DSC02387.jpg

近頃、補助金が出るせいか、猫も杓子も太陽光発電。

結構小さな屋根でも載せてあったり、真南でなく、東西の屋根にも平気で載っています。

きっと昔より発電効率が良くはなっているんでしょうが、釈然としないものがあります。

普通、施主は知らないことですから、これは販売側の責任です。

太陽光発電に限りませんが、補助金が出るような事業は、それが出るうちに手を出すべきではないと私は考えています。

 今の太陽光発電は売電が出来るという目先の利益で取り付けている方も多いでしょうが、私が考えるところ、災害時の自家発電に使えないようでは仕方ないと思います。もちろん蓄電の技術が必要ですが。

また、この発電方式では出来る電気は直流ですが、パソコン等そもそも直流で駆動する電化製品が多いわけですから、宅内配線も交流の他に直流専用の配線を・・・なんて事に将来的にはなるべきだと思います。

太陽光発電を導入するのは、そうなってからでも良いと思います。

ただ、お金のある方は今どんどん取り付けて下さい。それが技術革新、価格低下につながるのですから。