地元ケーブルテレビ局のLCVは「エルシーブイエフエム」として、県内で5局目のコミュニティFMとして、諏訪地域をエリアに11月下旬から試験放送を始め、12月中旬に本放送を開始するそうです。

送信所は杖突峠に設け、周波数76.9MHz。配信番組を含めた24時間放送で、自主制作番組(生放送)は朝昼晩の計5時間を予定する。番組内容はニュース、生活情報、娯楽、音楽との事です。
実は「エルシーブイエフエム」はケーブルFM?として以前より存在していました。ケーブルテレビの線をFMチューナーに繋げると聞ける放送で、20年前くらいにはちゃんとラジオのチャンネル表にも書いてあったのですが、近年は見かけませんでしたので、設備もあるだろうにもったいないと思っていました。まぁ当時の番組はお粗末だった記憶がありますが・・・(^_^;)
それが今回はケーブルでないのですから、それなりに設備投資もお金がかかったのでしょうか。
ラジオは災害時に役に立つのか?ということは以前に書きましたが、
7月の豪雨災害では県内のラジオ放送はまったくといってよいほど被災地には役に立ちませんでした。
LCV社内でもこの事がきっかけになった様子。
私はかねがね、諏訪にもコミュニティFMがあれば良いと思っていましたし、
あれば、役に立っただろうと思っていただけに、このニュースは嬉しいです。
私にも出来る事があれば協力したいと思っています。
信越総合通信局-コミュニティ放送局「エルシーブイエフエム」の予備免許