下諏訪町では自宅に温泉の引ける地域があります。もちろん入浴用ですが、給湯温度が約54℃程度なので、我が家では暖房にも利用しています。

一般的な温水暖房で使われる「ファンコイルユニット」を使用しています。これは自動車のラジエーターのようなもので、大まかにコイルとファンを備え、コイルには温水を流し、コイルにファンで送風することによって暖房します。
我が家の場合は台所に設置してあり、冬季の室温は15~20℃程度をキープしてくれています。また、コイルから出た温度の下がった温水は、シンクへ出しているので、食器洗いには好都合です。
また、洗濯物を干しておくと、ジーンズでもほぼ一晩で乾きます。
いいこと尽くめのようですが、欠点も結構あります。
・設置は間取りに影響される。
温泉タンクからなるべく近いほうが熱損失が少ない。また、通常の温水暖房と違い、排水を考慮する必要がある。
・温泉成分の影響
塩(えん)を含んでいるので、金属の腐食のおそれがある。また、年に数回はコイルに真水を流し、不純物を洗い流す必要がある。
また、コイルは銅製だが、耐久性は未知数。通常は不凍液が流れるので、メーカー保障外。
・見た目が悪い
我が家のファンコンベクターは、ホテル天井裏に使用されるもので、金属むき出しの製品で、給湯・排水もホースを使用している。そのかわりメンテナンスは楽なのだが。
以上の理由により、まだまだテストの段階です。