DSC01562.jpg
平成17年11月27日午後1時30分~諏訪文化センター大ホールにて
講師に財団法人電力中央研究所の阿部信太郎博士を迎え、
「諏訪地方の地価構造から見た防災対策」と題して、
講演会が開かれました。
諏訪地域は活断層の動きに注目が集まっているが、それ以外にも、遠方で起こった地震でも揺れが大きい可能性があるとの事です。
糸魚川-静岡構造線(中部)の地震計測震度(長野県ホームページより)