岡谷市 下諏訪町 諏訪市の住宅リフォーム ウッドデッキ

日本の住宅寿命が短いと言われている理由

住宅寿命は住む人で決まる

日本では住宅の寿命が25年だとか30年だとか言われており、「20年で建物価値はゼロになる」といった話もありますが、それは税制面の話しで、実際にそんな訳はありません。
たかだか30年程度で住めなくなるような家は一部の例外を除いて、絶対に無いと断言できます。

建て替える理由

実際に築30年程度で造り替えてしまう方々は、「その建物に飽きてしまうから」に他なりません。
(もちろん、資金的にも余裕がおありでしょうけれど)

私が勤め人の頃、10年前にリフォームしたのにも関わらず、建て替えたお宅がありました。こちらは仕事になるんですから有り難いのは確かですけど、複雑な気持ちだった事を今でも覚えています。

蒼々舎でリフォームをさせていただいた建物の多くは築40~50年程度のものが最多ですが、リフォームのために内装を解体してみても、躯体(骨組み)に深刻なダメージのある建物はほとんどありません。
私の感覚で言えば、特に昭和40年以降に建築された建物は、リフォームする価値が十分にあると言え、更に何十年と住むことが出来るでしょう。

リフォームのご相談は建築士が承ります。 TEL 0266-78-1227 受付時間 8:30 - 17:30 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 下諏訪最小工務店 蒼々舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.