個人的にはテレビをあまり見ません。
現在はテレビも無いのでもっぱら携帯電話のワンセグか、車のテレビです。
でも、BUFFALO USB2.0用 地デジチューナー ちょいテレ・フル DT-F100/U2を買いました。
発売日前に予約、12月26日発売とのことで、発売日の翌日には手元に届きました。
価格はAmazonで9,219円でした。

接続の結果、付属のロッドアンテナだけでは受信は出来ませんでした。(室内、窓際です)
室内アンテナではフルセグの受信は長野朝日放送ABNのみでした。
アンテナは窓際へ出しましたが。
ノートパソコンで使用中ですが、ビデオカードの影響か、外部モニターには出力出来ませんでした。また、安い別のノートPCでも試しましたが、LCVへの接続時にフルセグ受信がなぜか不可能でした。
テレビをPCで映すというのは面倒なんですねー。
ソフトをインストール後、チャンネル設定で自動受信を行うんですが、
VHFから始まりUHF、CATVと数十チャンネルを若い番号から順番にチェックしていくので、最初の設定時はやたら時間が掛かります。
パッケージ開梱から映るまで1時間以上掛かってしまいました。
その間、一度インストールに失敗しています(原因は不明です)
また、通常の地デジとLCVとではチャンネル番号が違うので、交互に使うには不便かもしれないです。
暖かくなったら外に出て受信状況をチェックしたいと思います。
B-CASカードが小さくなったので、このサイズのチューナーが出たのは嬉しいですが、
そもそもビーキャスなんて無くなればいいと思います。